トース土工法

NETIS QS-060005

トース土工法は土に添加剤を配合し、土を団粒構造に変え、
透水性と保水性を向上させる工法です。
 硬さの調節が出来ますので、柔らかいグランドから硬めの
園路まで、幅広く使用することが出来ます。

■トース土工法のメカニズム

気化熱による冷却効果

土を立体網目状の団粒構造に
改良することにより雨水の透水性
と保湿性を高めます。
 団粒構造に改良した土は微粒
子が結合し境を作るため、水の
通りがよくなります。

処理前状態
園路イメージ

園路

自然の舗装材のため周囲の景観と調和します。

降雨後も舗装材の硬度の変化が少なく「ひび割れ」の発生を軽減します。

透水性が改良され、透水機能が向上することで降雨後の水溜りの発生を抑えます。

表層に保水した水の蒸発時に、気化熱の冷却効果により地表面の温度上昇を抑えるため、歩行者に快適な歩行空間となります。

標準断面
園路標準断面イメージ 園路写真1 園路写真2
グラウンドイメージ

グラウンド

透水性が改良され、透水機能が向上することで降雨後の水溜りの発生を抑えます。

保水性があるため、通常のクレイ舗装と比べ、砂埃が立ちにくいため快適です。

表層に保水した水の蒸発時に、気化熱の冷却効果により地表面の温度上昇を抑える効果が期待できます。

団粒構造を長期間保事することができ、降雨後も舗装材の硬度変化が少なく、泥濘化を低減します。

現地発生土(砂質土系の)を利用したリサイクルが可能で、環境に対する負荷を軽減します。(※土質により再利用できない場合があります。)

標準断面
グラウンド標準断面イメージ グラウンド写真1 グラウンド写真2