ATTAC 工法

ATTAC工法は土に添加剤を配合し、土を団粒構造に変え、透水性と保水性を向上させる工法です。
  硬さの調節が出来ますので、柔らかいグランドから硬めの園路まで、幅広く使用することができます。

■ATTAC工法のメカニズム

気化熱による冷却効果

土を立体網目状の団粒構造に
改良することにより雨水の透水性
と保湿性を高めます。

 団粒構造に改良した土は微粒
子が結合し塊を作るため、
水の通りがよくなります。

処理前状態

グラウンド

■透水性が改良され、透水機能が向上することで降雨後の水溜りの発生を抑えます。

■保水性があるため、通常のクレイ舗装と比べ、砂埃が立ちにくく快適です。

■表層に保水した水の蒸発時に、気化熱の冷却効果により地表面の温度上昇を抑える効果が期待できます。

■団粒構造を長期間保事することができ、降雨後も舗装材の硬度変化が少なく、泥濘化を低減します。

■現地発生土(砂質土系の土)を利用したリサイクルが可能で、環境に対する負荷を軽減します。
 (※土質により再利用できない場合があります。)

標準断面
グラウンド標準断面イメージ グラウンド写真2

園路

■自然の舗装材のため周囲の景観と調和します。

■降雨後も舗装材の硬度の変化が少なく「ひび割れ」の発生を軽減します。

■透水性が改良され、透水機能が向上することで降雨後の水溜りの発生を抑えます。

■保水した水により、地表面の温度上昇を抑えるため、快適な歩行空間となります。




歩行者用道路
園路標準断面イメージ
管理用道路
園路標準断面イメージ



防 草

■ATTAC防草対策工は、自然環境に配慮した工法です。

■透水性と保水性を持った土で表面を硬く覆うことにより、雑草の発生を抑えながら、雨水を地中へ還します。

■クラックの発生が少なく、クラックからの雑草の発生を抑えます。

防 草
グラウンド標準断面イメージ

※法面は充分な転圧をおこなうことができないため、施工厚は10cmを基本とします。

グラウンド写真2

砕石材(0〜40mm程度)を使用(オプション工法)

■透水性が改良され、透水機能が向上することで降雨後の水溜りの発生を抑えます。

■クレイ舗装と比べ表面が硬く、遊び砂の発生が少なくなります。

■表層に保水した水の蒸発時に、気化熱の冷却効果により地表面の温度上昇を抑える効果が期待できます。

■駐車場、雑草対策、歩経路、サイクリングロードなどに使用できます。

標準断面
園路標準断面イメージ

 

吹付工法

■自然の吹付材のため周囲の景観と調和した防草工法です。

■バックホウで施工できない所でも、施工可能です。

■透水性と保水性により、雨水の流出抑制、表面の温度上昇抑制に貢献できます。


※この工法は、防草工法であり、
 法面保護工ではありません。


 

地被植物防草工法
(オプション工法)

■ATTAC防草対策工は、自然環境に配慮した工法です。

■透水性と保水性を持った土で、表面を硬く覆うことと、地被植物による地表面の被覆効果で、雑草の発生を抑えながら、雨水を地中へ還します。

■地被植物を植栽することで、周囲の景観に調和します。